何でだろう?何でだろう?・・・

と、いつも考えます

「旅打ち」で学んだもの・・・
別に僕は勉強家ではないので印象に残ったものまた言葉の断片から学びます

「ここではピンを狙ってはダメだよ!」・・・なーるほど

それまでは、いつでもピンを狙っていた僕がいました。

「切れば球は上がるから」・・・そうなんだ

それまでは、フェースの角度ばかり気にしていた僕がいました。。。こんな感じ

「旅打ち」から帰ってきて、「何でホームで120が切れないのかなあ?」

ということで、ミユウと各Hづつ何処を狙うのかを考えるようになりました。36ヶ所分です。

で、気が付いたのはピンを狙ってはいけないところが何ヶ所か存在すること・・・安全策

確実にティーグランドが微妙に障害物やOBゾーン、ラフに向いている所。

今までの結果を見てみると、そこでOBや生5生6叩いて全体のスコアを大巾に落としていたこと

ティーグランドの微妙な角度の傾きはグリーンから見てみないと気が付かない場合がある。

もし、球を上手く上げられるとすると名手はどのHでどんな球を上げるのか。

コントロールが自分で一番つきやすいスタンスって?

狙うには打つ前の事前準備がないと漠然と狙って打っても確率悪いよなあ・・・

球の飛んでいる時の「球質」って大事だよね

いろいろと考えるようになりましたよー(笑) 

そしてそして、ホームにて実践・・・何と、120切れない僕が111で上がってしまいました。

う~ん、スコアに関しては今までなんて無関心だったんだろう・・・今更ながら

よーし、これからはいろいろ考えねば・・・はははっ  苦手だけどネ

次はもっと細かく書いてみよっかなあ

またね

"何でだろう?何でだろう?・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント