いざ 出陣!。。。が しかし

8月6日(土)晴れ

早朝からかなり暑いです

ここ静岡でも連日猛暑が続いています。。。

今日は(ヒロッペ&ミユウ)としてのペアマッチ参加になりますが

前回いつ参戦したか覚えてないくらい久しぶりです(笑)

会場で出会える皆さんもお久しぶりの方々が多いことと思います。

ホント 愉しみです

一番の目標は?

そうそう お互い(熱中症)にかからないことです ハイ (笑)

この夏 僕もミユウも一日ずつ(熱中症)で寝込んでおります。

ホント 気を付けなければなりません

さぁ これから朝ご飯をちゃんと食べて 軽い準備運動をして

いざ 出陣!

画像


8月8日(月)晴れ

8月6日(土)はホームで「ペアマッチ54H」が開催されました。

僕らは 早起きしてホームに行きましたよ。

「どんなペアと同組になるんだろう?」 「そうね

行きの車中はそれだけで話題に尽きませんでした。

ホームに着くと久々にお会いできる方々が。。。

ホント 「お久しぶり!!」でした。

くじ引きでは 当初 神奈川の神奈〇さんと宮〇さんペアと同組になりました。

。。。が 残念なことにクジの引き間違いで再編成です。

クジは 富士市と富士市以外に分けて引くことになっていたので

富士同士 神奈川同士 の同組はありません。

そして僕らの場合 (なんちゃって神奈川)なので

神奈川の方々と組むことは皆無です。

ここのところ ずっとこの方式だそうです。

ただ 僕らの場合 富士がホームでそれ以外殆ど行きませんので

できれば 次回からは(富士のクジ)が引けると嬉しいです。

せっかく神奈川から来場されているのに 

ご一緒できないのは非常に残念でなりません。

それに 同組になるのはこの方式だと大きい大会も

結局 いつものメンバーになってしまいます。

もちろん 同組になったお相手も同じ思いと思います。。。是非 改善を!!

で、折角神奈川の方々とラウンドできると思ったら再編成では

同じ富士の しかも3吉さんペアと同組でした。

3吉さんペアは 相方は男性で最近メキメキと力をつけてきた伊〇さんです。

男性ペアにはハンディが4付きます。

と言っても このペアは僕から見ると かなり強烈でしたよ ハイ

案の定 出だしから凄いペースでした。とても 着いていけません(汗)

画像


ベストボールはハンディ4があるので 何とか同スコアで折り返しました。

残りワンボール18Hで

今回一番気を付けなければいけないホール(つつじA3)で

痛恨の生6を

このホール 1mくらいの高さのある山の中腹にホールがあります。

ですので ショットが真下につけば 上手く打てば2が獲れ

それを外してしまうと 球は元あった場所より遥か遠くに戻ってしまいます。

2か4以上か。。。そんなHに設定されているんです。

そして このペアマッチはベストボールで100前後で廻る力のあるペアが

全体の半分くらいいます。

そうなんです。結果は殆ど (ワンボール18H)にかかっているのです。

そして このつつじA3番がある意味大きな分かれ目になります。

僕は、この時点で上位は無理だと確信しましたよ

ミユウも多分 同じ思いだったと思います。

結局 僕らはスコア160で平凡なものになってしまいました。

。。。その前にOBもひとつ出していたので撃沈です ハイ

画像


優勝ペアは「スーさんと行〇さんペア」でした。

しかも スコアは驚異の151

2位はハンディが4あったので155で3吉さんペアでした。

3位は諏訪〇さんと奥〇さんペア   

入賞の皆さん おめでとうございます

そして あの暑い中お疲れ様でした。

次回は またいつか分かりませんが 頑張りたいと思います。



さて 次のお休みは日は 本番の「チーム団体戦」です

この(ペアマッチ)を団体戦の練習にしていた県外の方々も多いでしょう。

この日 お昼を済ませると 同じチームの近〇さんが

「さぁ 団体戦の練習をするよ!!」  僕らに気合の声が入りました(笑)

とても暑く着ているシャツも汗でドボドボでしたが

もう一周頑張ることにしましたよ

3吉さんも入って頂いて練習スタートです。

画像


ペアマッチでの集中力がまだ体に残っていて

良いラウンドとなりました。

しかし ミユウは例のつつじA3に捕まってしまい

暫し乱れましたが その後は持ち直していました。。。恐るべし(つつじA3)

近〇さんも ハマってしまいました。

「団体戦」もピン位置が替わらなければ キーポイントのホールとなるでしょう。

。。。今回は ちょっと残念でしたが 挽きづっていられません。

さぁ 「チーム団体戦」 頑張るぞ!!

。。。パークッて ワクワクですね

では では 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック