今年の芝は?(付録つつじA)&大叩き


5月15日(日)晴れ

今日は昼間オフですのでブログを更新したいと思います

以前より しゅんYさんから富士PGの各ホールの写真と解説を

依頼されてましたが 今回ミユウにも手伝ってもらって 

全ホールの写真を撮りましたのでご紹介しますね。

しかしながら 編集がこれまた大変で(僕の能力ですと)(笑)

いっぺんにご紹介がどうも出来そうにありませんので

少しずつさせて頂きたいと思います。

写真の方はどうぞ必要な方はお使いくださいね

先ずは 

【つつじAコース】

つつじA1

画像


Par3 34m

(解説)
こちらは富士PGを通常にラウンドする時の第一のホールとなります。ショートHですがなかなかグリーンに乗りません。フェアウェイは真直ぐ転がりそうですが、自然傾斜があり球が弱いとどんどん右側に曲がっていきます。
僕的には 左に角度をつけないで右前方にある木の50cm程左側を直線で転がるようにティーグランドの球の置き位置を変えて打っています。その季節で右への切れ方が違うので 手の抜けないショートHといえるでしょう。ここでつまづくと後が精神的に大変となります。

*参考



つつじA2

画像


Par4 47m

(解説)
こちらは2H目。ドッグレッグ??いやいや直角に曲がってるホールです(笑)だから、距離感を非常に要求されます。打つ過ぎるとOBになり 丁度2打目が打ちやすい所に止めないといけません。ちょっと前まではフェアウェイ左に植栽のOBゾーンがあり 皆さんは(お墓)と呼んでいました(笑) 油断をするとすぐに捕まりました。今はなくなってしまったので距離感だけ気を付ければ良いと思います。2打目の寄せがなれていないとグリーンオーバーでOBになってしまうので要注意です。ここでのOBは 1H同様精神的には大打撃となります。


つつじA3

画像


Par4 52m

(解説)
3H目です。正面には(小山)がありますが その右側がグリーンとなっております。偶にこの(小山)のてっぺんにピン設定される時がありますが それが一番難しい設定となります。冬場などは(行って来い)の往復で打ち止めを喰らう方々が続出です。何せ上で止まりません(笑)今は 小山の右下のグリーンに設定してあるので ミドルHの中では楽な方と思います。あまり打ち過ぎず 気持ち手前で止めグリーン下からホールを狙うのが安全で良い対策と思います。ワンオンを狙いすぎると右側のOBゾーンに突っ込む人が続出ですので要注意。


つつじA4

画像


Par3 57m

(解説)
4H目です。直線のミドルHですが侮れません。ティーグランドが微妙に右に傾いていますので そのまま気にしないで打つと球はどんどんグリーンの右側に流れていってしまいます。僕的には、ティーグランドの右側に球を置いて少し左側に角度をつけて打つようにしてます。ただ、角度がつき過ぎると グリーン手前の左側の樹に突っ込みますので要注意。普通であれば2が欲しいHなので惰性で打つのは厳禁です。ほんと 球が右に流れちゃいますよ(笑)


ここまでのラウンドで2が二つ獲れれば最高の立ち上がりといえるでしょう。

一つゲットでも気持ち的には安心感がありますが

貯金なしで次に臨もうと思うとちょっと気持ちにプレッシャーがかかります。


つつじA5

画像


Par4 62m

(解説)
5H目。このホールと次の6Hが3ゲットが難しい難所と言えます。なので ここまでで貯金が欲しかったのです。
セミロングとなります。フェアウェイが狭いので右にブレれば小山に突っ込み 左にブレれば植栽のOBゾーンにつかまります。何せ 真ん中程にある登り段差(芝の明るい所)のど真ん中を通過することです。グリーンは(小山)です。エッジまでついても乗せることができないと生5生6となります。ましてエッジまで到達しない球をグリーンに乗せるのは
県外から訪れるプレイヤーにとっては至難の技となるでしょう。基本 エッジにつけて乗せて3ゲットです。大事なのはここで4でもめげないことです(笑)


つつじA6

画像


Par4 34m

(解説)
6H目。ここもドッグレッグならぬ直角フェアウェイです。2H目の直角Hと違うところは1打目が短いことです。冬場などは簡単に突き抜けOBです。僕的には、クラブを超短く持ってパンと打って距離感を出してます。今度は2打目の寄せが距離が長く しかもグリーンには段差がありますのでワンオンの距離感は非常に大変と言えます。
細かいことを言うと2打目のフェアウェイは微妙に右側に曲がる自然傾斜がついてます。真直ぐピンに向かって打ってもワンオン時はピンの右側につきますので そこは腕の見せ所となります。大事なのは ここで4でもめげないことです(笑)。。。そうそう だからこの二つのホールの前に貯金があると気持ち的には楽なんです。


つつじA7

画像


Par3 37m

(解説)
7H目。ショートHです。グリーンには段差がついていますのがワンオンは考えないでピン下のエッジにつけることです。ワンオンを狙うと通り過ぎるとほぼOB確定となりますのでご注意を。何せ小細工をしないで真直ぐエッジにつけることです。よくグリーン手前右側の小山に突っ込む人や左側の池にハマる人がいますが 距離が短いと言って気を抜かない方が良いということです。ここは 2の撮れるサービスHと考えます。僕的には ここはロングパットと同じ感覚でティーショットを打ってます。


つつじA8

画像


Par3 34m

(解説)
8H目です。ショートHですがティーグランドが高くなってます。ここもサービスHと考えますので2ゲットしたいところです。グリーンに球が上がる際に少しではありますが左に曲がります。今のピン設定でしたら 狙いはピン右横30cmくらいのところだと思います。あわよくばホールインワン狙いです。ワンの確率が36H中最も高いHと言えるでしょう。ここで突き抜けOB出しちゃうと もう立ち直れません(笑)僕的には、ティーグランドが少し高いところにあるので クラブは短く握り ほぼ水平に球を打ちだしノン回転の浮いた球筋にします。多少強く打っても突き抜けないようにです。


*おまけ



*こちらは 二人とも 2ゲッツ!(笑)

ハイ ここまでで果たして2はいくつでしょう?(笑)

前半に2を二つゲットしていて

5H目6H目が4で7H目8H目が2ならば貯金が二つです。

前半に2がなく5H目6H目に4で7H目8H目が2ならば貯金なし。

尚且つ 全般に2がなく5H目か6H目で4ゲットで7H目8H目2なしだと

借金のまま最後9Hに臨まないといけません。

そこで訪れるのが このコース最大の難所と言える最終9H目なんです。


つつじA9

画像


Par5 80m

(解説)
さぁ いよいよ泣いても笑ってもつつじA最終鬼門ホール(笑)9H目です。このロングは非常に難しいです。フェアウェイが狭く ティーグランドは左前方の植栽のOBゾーンに完全に向いてしまってます。何にも考えないで強打すればほぼOBに突っ込むでしょう。ここの打ち方は二つあります。刻むならそのまま打てばOBの手前で止まるので 2打目がグリーンオンが狙いやすいでしょう。強打をするならば、右側にあるネットの左側を1m以内で真直ぐ打てればグリーンエッジ近くまで運べます。これが逆になるとかたやOBに突っ込むし かたや2打目でグリーンが狙えない場所に球が止まります。転がしですと自然の地盤は非常に微妙で フェアウェイ真ん中から左側を通るとどんどん左にきれます(OBゾーンへ突入) ネットのすぐ横をとおる弱い転がり球はネット通過あたりからどんどん右側にきれます(隣のHへ突入)。。。僕的には ここまでのラウンドで貯金が二つ以上あるときは刻みます。そうそう 4でも26ゲットだから。貯金なしか借金持ちの場合は(笑)強い球をライナーで打ち込みエッジ狙いをします。まっ それが失敗でしたらその後はボロボロですが(笑) 賭けですね ハイ


*参考



*ちなみにロブを打つと?



。。。つつじAコースは こんな感じデッス

初心者の方は先ずは(30切り)から 中級者の方は(イーブン27ゲット) 

そして上級者の方は(25切り)に挑戦してみてはいかがでしょうか



先日の金曜日はミユウもパートがお休みだったので

二人でホームに行くことができましたよ

少し早めに行き彼女に各ホールの写真を撮るのを手伝ってもらいました。

僕は(さくらコース)を彼女は(つつじコース)を

伊豆からはちょうどジ~ジさんご夫妻がみえてましたが

そんなんで午前中にご一緒のラウンドができず残念でした。

。。。が 写真はバッチリ撮りましたので満足満足  ただ編集が

今年度はさくらBのコースの芝を一回枯らしてしまったこともあり

会長さんたちがホント熱心にグランドの手入れをしています。

今まではなかったのですが


画像


今年度は芝育成の為に(さくらBコース)を5月いっぱい閉鎖するようです。

ラウンドできないのはちょっと残念でしたが

今年は芝の手入れ本気モードと感じて何故か嬉しかったです。

この夏場にはホント綺麗な芝になっているでしょうね


画像


5月18日(水)五月晴れ

今日は二人ともオフです

天気も良いし 「パーク 行かん?」って感じです(笑)

本日の静岡はだいぶ気温が上がるようです。

全国的には30℃を越える所もあるとかで(夏日)になりそうですね。

静岡は一昨日夕方から昨日まで雨模様だったので

ホームのグランド状況が果たしてどんな感じなんでしょうか?

今年度(真剣モード)の会長さん曰く「今度さ 水はけを良くしたからね

な~んて言っていたから もうすでに水がひいているかもしれません。

午後からは「フジカップ」があるので二人で参加してきたいと思います。

ほんでは 「行ってきま~す


(^^)(^^)(^^)/

5月20日(金)曇り

先日(水曜日)は二人でホームに行ってきました。

前日までの雨でカジュアルが酷かったのですが

会長さんたちの努力で水はけが非常によくなっており

天気が良いのも手伝って グランド状況はどんどん良くなり_ましたよ。

この日は午後から(フジカップ)のある日でしたが

御殿場で協会の総会があるということで

主なメンバーさんたちは皆 御殿場へ。。。だいぶ人数が減ってしまいました。

今回のミニコンペは 僕にとっては反省反省のラウンドとなりました。


画像


久々の「大叩き」です(恥ずかし)

これは殆ど(メンタル的)な失敗で大きな反省材料となります。

つつじAからのスタートです。

上記の(つつじAコース)の解説と被せてみて頂けると

僕のメンタル的な要素が垣間見えると思います(笑)

先ずは2からのスタート(上々) その後2カ所失敗するも

8H目でイーブンを取り返し 貯金なしで9Hへ。。。そして失敗

気を取り直して つつじBへ

Aの分を取り返そうと強めのショットがアダとなり2H目でOBゲット(ガクッ)

何とか取り返そうと2を獲りに行き 8H目でイーブンに追いつき(ホッ)

そして 鬼門の9Hでまたまた失敗(OB) スコア30 。。。意気消沈

それでも さくらAで何とかと思い 最初のロングHでは3ゲット

やる気が巻き返したところで 次のショートHで4ゲット(ガクッ)

でも 8H目までで何とかスコア26ペースにするも

これまた最後の9H目で池ポチャOB。。。

これで 完全に切れてしまいました。。。トホホのホ

今回は各コース鬼門の9Hに総てやられてしまった感じです。

今考えるとどの9Hでも気持ちには余裕がなく

(絶対 失敗できない!)というプレスを自分にかけていたのでしょう。

。。。結果 久しぶりの「大叩き」となってしまいました。。。チャンチャン(笑)

「ヒロッペでも こんなことがあるんだ」なんて 誰かに言われましたが

ありますとも 人間だもの(笑)

まっ 次回は気をつけよっと ハイ

そうそう そういえば

ちょっと前に開催された「オレンジカップ」の結果をもらいましたので

載せておきますね

画像


まだ会員さんとしては新しい方の中〇さんが108で優勝

富士の皆さん だんだん実力がついてきたって感じですね

僕もミユウも頑張らないと抜かれちゃうよねぇ~


さて 次回は(つつじBコース)のご紹介をしますね

では では


かもめ



ブログパーツが簡単に作れちゃう!!



ブログパーツが簡単に作れちゃう!!



この記事へのコメント

伊豆のジージ
2016年05月17日 17:55
ありがとう!
写真も解説も動画も、ヒロッペさんの良き人柄そのものでした。安心・感謝です。
奥様共々、忙しくお疲れのところ、ありがとうございます。
ヒロッペ
2016年05月18日 05:33
ジ~ジさん
おはようございます
&ありがとうございます

自分の主観的なものなので果たして
ちゃんとした解説になっているかどうか(汗)
いつも来ている皆さんも
自分なりの攻略法を持っていると思います。
少しでも参考になると幸いです。
各季節によってホールの様子も変るので
いつ行っても飽きないんですね(笑)

今日はお休みなのでミユウと
ホームに行ってきま~す!
そうそう お誘いの言葉は
「パーク 行かん?」 です(笑)
しゅんY12
2016年05月18日 07:27
おはようございます!
完成待っていますね。出来たら是非使わせてもらいますね^^
よろしくお願いします。
ヒロッペ
2016年05月18日 07:43
しゅんYさん
おはようございます

今 第2弾を少しずつやってます。
改めて各ホールを見直す良い機会となってます。
偶には 努力しないとね(笑)

頑張りますね
伊豆のジージ
2016年05月21日 07:59
ヒロッペさん、お疲れ様です。
みんパゴのコミュ〈パークゴルフの技術・ルール解説〉の最新のマンブさんの書き込みを見て下さい。
さすが40歳代の鮮明能力に感心しました。
私の「クモ」が晴れてきました。
どれだけ偉そうな事を語っても、結局、旧態依然の70代では無理無理なんです。
ヒロッペ
2016年05月21日 12:13
ジ~ジさん
おはようございます

みんパゴの(パークゴルフの技術・ルール解説)はコメが更新せれるごとに読ませて頂いています。
パークを真剣に考えてくれている方々のコメは毎回毎回とても勉強になります。
スポーツの他のメジャーなものでもルールや用具が進化しているものが多々あります。世代によってその体格や身体能力も変ってきてるでしょうし、旧態のままでは僕もいけないような気がします。
もちろん 発案された方の原案も非常に大事なものと思いますが、それを基準値としてマイナーチェンジは今の時代必須と感じます。
どんどん(新しいパークゴルフ)に進化していきますよう願ってやみません。
伊豆のジージ
2016年05月21日 19:27
忙しくお疲れのところ、返信させてごめんなさいね。
先ず、楽しくなくつちゃーパークじゃないよ!
そして、それを安心して実行していられるのは、
道央の熊のぷーさんやマンブさんの様に、PGに真摯に向かい合っている人に真剣に寄り添うことも大切だと思っています。
尚、この書き込みの返信は無用。
睡眠と休息と快食が一番!、そしてPG。
ヒロッペ
2016年05月22日 10:24
ジ~ジさん
ただいまッ 今帰りました(^^)/
僕の(返信)に気を使わないでください ハイ
これが愉しいからブログ書いてます

真摯に向き合えない方々というのは もしかして(スポーツ)としてのパークゴルフに無縁の方々かな??
僕は スポーツ少年だったし(ミユウは文学少女だったけど(笑))でも、エンジョイと両面のあるのはメジャーなスポーツならではです。このパークゴルフも フットサルやソフトボールのようにちゃんとした(地位)につけるスポーツになるとホント僕は嬉しいです。

健康が一番 家族が二番 仕事が三番 そして人生を豊かにしてくれる(趣味)がその次です ハイ
それが若い頃 その順番を間違えて何か大事なものを失ってしまった 今の僕の(信条)です

この記事へのトラックバック