ちょっとだけ 春!&ペアマッチ結果

ブログパーツが簡単に作れちゃう!!



3月5日(木)晴れ

そうそう

先日 ミユウとホームに行った帰りに目薬を買いにホームセンターへ

行く途中のことでしたよ

画像




画像


住宅街の(河津桜)が満開でした

普通の桜より早咲きのこの桜は、色もちょっと濃い目で

とても綺麗なんですよ

思わず車通りも少ない道路だったので、徐行運転で

楽しませて頂きました(笑)

晴れていたら もっともっと綺麗だっただろうなぁ~

まだ、朝晩はとても寒いのですが 日中はだいぶ暖かくなりましたね。

春も近いかなぁ。。。。



7日に「ペアマッチ54H」にミユウが3吉さんと参戦しますが

僕が思うに メンタル的にはペアマッチの方がたいへんと感じます。

一人のときは、何せ自分を騙したり励ましてしまえば(笑)

失敗してもその後のラウンドは何とか復活したりもしますが。。。

ペアの場合は、失敗は自分の失敗のみではありません。

相方が失敗したときに どんな態度をとるかで以後のラウンドの

ペースが狂ってきたりします ハイ 

失敗は何せ自分と相方 2倍のリスクがありますもんね。

お互いに 気分よく廻らねばいけません。

周知の仲であれば多少の文句も良いのでしょうが???

例え 僕らのように夫婦でペアを組んでも途中でケンカ別れ

なんてよくあるケースのようです。

そういえば ホームでもつい先だってそういうケースがありました。

その後 ご一緒にはペアマッチでてないような(汗)

そうゆうヒロッペは相方がミユウであろうと気を使うのであります ハイ

彼女の失敗に対して文句やアドバイスなどしてしまうと

必ず反論が帰ってきます(笑) 

でも、大事なのは自分が悪かったということを充分分かっているということ。

だから、それに対する言動は(追い打ち)をかけるだけなんです ハイ

「OK OK 大丈夫だよ」とか「やっちゃったね

。。。で ごまかしちゃうのが一番(爆)

それだけで 十分相方は反省している訳ですから。。。

それから、ワンクラブ以内でも  「無理しないでよ

なんて言ってあげると肩の力が多少は抜けるというものです。

僕らが以前優勝したときは、同組は横〇さん&松〇さんペアで

神奈川のトップレベルペアでした。それも、凄いデットヒート(汗)

でも、僕は最後までその姿勢は崩しませんでしたよ。

「3で十分だよ」 。。。

それで プレイオフのとき僕が頑張ってグリーンエッジにつけた球を

彼女はカップインを狙いませんでした(笑)

でも、結果僕は楽3で 2を狙ったペアは大きくカップを外し4上がりでした。

http://03913199.at.webry.info/201312/article_3.html

そうそう いらぬ2は、入っても外してもその後に何となく影響がでます。

だから、平均値である3がメンタル的には一番です。

手元のスコア表に3の数が連続で並べば並ぶほど

気分が落ち着いてくるというものです。

まっ 一人のときは偶に2が入ってないと焦りますが(爆)

それから、ミスショットで大分カップより遠いところに球があるときは

逆に、「頑張って思いっきり寄せてね」なんて言います。

これは、気持ちの中に「こんな所からじゃ 寄る訳ないじゃん」って

打つ本人は分かってるだけに、プレッシャーにはならず

「ちょっと やったろか~ッ」って気持ちにさせるようです(爆)

人間って(鏡)だから、自分が気分悪い時は相方も気分が悪い。。。

上手く二人でペースを作っていくのも勝利への鍵かも知れません。

言動はペースを作る源でもある訳ですから

相方のことを自分のことと感じプレイすることが一番なのでしょう。

「狙っちゃっていい??」「うん いいよ!」

「寄せるだけで十分だよ」「了解!」。。。

前もって確認もいいかもね

そして 二人で成功したホールはタッチ&ハイタッチ!

喜びは分かち合わないとね 一人だけの力ではないし。。。



3月6日(金)曇り

おはようございます♪

起きて朝昼ご飯を戴きました(笑) 

ミユウは、今日はオフみたいで早くからホームに行って

明日のペアマッチの練習をしているようですよ ハイ

僕は、夕方から明日の朝までの仕事ですので

たぶん 彼女とは部屋の中でも会うことはないでしょう(笑)

是非 僕の分も頑張ってもらいたいです

そうそう そういえば

「白ブタさんブログ」で井上陽水のコンサートに行ったことが

書いてありましたね

僕の中の陽水は、彼の知っている陽水とちょっと違うかも です。

画像


画像


中学時代にヒロッペはギターを覚え(父が持っていた古~いクラシックギター)

ハマっていたら 当時お婆ちゃんが年金で新しいフォークギターを

なんと僕に買ってくれたのでした。今でも、まだ持ってるよ ハイ

高校に入るとフォークソングクラブにも所属してました。

そんな中で当時のフォークシンガーとして

(井上陽水)は憧れの的だったんです

部屋の中でジャカジャカとやっていると

良く「うるさ~いッ!!」って怒られましたよ(笑)

陽水は今はとってもメロディアスが曲が多いようですが

その時は、生ギターの弾き語り的な曲が多く よく真似をしてました。

それも 高音すぎて声が出ないのでかなり変調してギター弾きながら。。。

ハーモニカもホルダーも買って

全く 陽水気分です(爆)

好きだった歌は

「夏祭り」 「桜三月散歩道」 「紙飛行機」 「帰れない二人」

「ゼンマイじかけのカブト虫」 「断絶」 「東へ西へ」。。。。。

まだまだありますが、やはり生ギター演奏の冴える歌が好きでした。

(かぐや姫)も当時流行っており

僕らは、それこそバンドを組んでよくコピーしてましたよ ハイ

画像


そうそう 石川鷹彦のギター教本(レコード盤付き)(笑)

なんかも買って練習しましたが、やっぱり才能がないようでした(爆)

今でも コードが付いていれば簡単な伴奏くらいはできるかも アハハッ

。。。。お婆ちゃんに買ってもらったウエストンのフォークギター

やっぱ 処分できないんだよなぁ~。。。ホント

今度、弦を買ってみよっかな? 何十年ぶりなんでしょう(笑)

画像




........(((^^;)(^^)(^^)(^^)/

。。。。。

さてさて 今日のミユウの練習模様とか大会の模様は

この後 カキコしますね

一度公開しときマッス(笑)


不思議の国のうさぎキーホルダー



3月7日(土)雨のち曇り

今日は、夕方僕が起きてから暫くするとミユウが

「ただいま~ッ」。。。帰ってきました(笑)

「ペアマッチ54H」を終えての帰りでしたよ。

僕は寝起き(笑)でしたが やっぱ成績が気になりました ハイ

前日の練習も熱心に彼女はホームに行っていましたが

大会当日は、前夜の夜中から降り出した雨が酷く

雨も止まない中での大会開始だったようです。

画像


皆さん来ると早速 合羽を着こんでの大会だったようでした。

。。。。ホンマ ミヤ社長は(雨女)やなぁ~   

と、誰かが声に出して言ったとか(爆) 

僕は、思っていても言わないのに(更爆)

天候悪しの為 3ペアが棄権で全21ペア(42名)だったようです。

グランドも前夜から続く雨で酷いカジュアル状態。。。。。

僕も天候が予想がついていたので

おそらく 皆さんスコア的には平均10打は落ちるな~なんて思ってました。

だから、170が切れるペアがあれば限りなく優勝に近いかななんて ハイ

画像


3吉さんとペアを組んだミユウの同組のペアは

神奈川の強豪ペアでした。。。PG新聞でもよく上位にお顔を出している

藤〇さん&小〇さんペアだったようです。。。ナイス

しかしながら 皆さん超カジュアル状態のグランドで悪戦苦闘だったようでした。

3吉さん たいへんお疲れ様でした

画像


やはり 思わずところで水溜りで球が止まってしまい

思うようにプレイができなかったラウンドだったみたいです。

でもね スコア170を切ったペアが1組だけあって 

やはり そのペアが優勝のようでした。。。さすが、指導部長(笑)

画像


画像


実力があっても もしかしてペアとしては(初優勝)だったかも

おめでとうございます

。。。。。

ミユウたちはというと 。。。ちょうど 真ん中くらいの成績だったようです。

でもでも スコア表見せてもらいましたが、そんなに荒れてなく

OBもなく 初ペアとして悪条件の中では先ず先ずだったのでは?

こんな状態の中でのラウンドは、やっぱ 超先輩方を撃沈するには

大変ですよね ホント

でもね 3吉&ミユウの順位の下に 結構有名なペアが結構いたし ヒソヒソ(爆)

今回は、3吉さん たいへんお疲れ様でした&有難うございました

。。。。

ミユウに聞きましたが、大会が終わってからも

疲れて皆さんが帰ってしまった後も お一人で練習していたようですね。

そうそう そんな感じです ハイ

僕も、今は仕事上無理ですが 前は暗くなるまでやってましたよ(笑)

『光るボールって売ってないかなぁ。。。』なんて その時は真剣に思ってました(爆)

また ご一緒のラウンドお願い致しますね

さぁ  ヒロッペは明日はオフです!

日曜日だけど どんな面子が揃うでしょうか???

どんなパークができるのかな~。。。楽しみです

も一回 書いてからこのブログ〆よっと 

画像


3月8日(日)雨のち晴れ

今日は、オフ

早起きしましたが、天気は小雨が降るイマイチの天気(泣き)

でもでも、日中は晴れ予報で気温もかなり上がるとのこと。。。

それを信じて ホームに出かけましたよ ハイ

そしたら いましたいました 3吉さん   ネットの前でショット練習

早速 師弟対決です

画像


。。。ボロ負けです(笑)

3吉さんは 大分腕を上げていましたよ

ヒロッペは、微妙な距離感が分からずOB出しまくり(爆)

今日の様子を観ると 3吉さんはメンタルの部分を克服できれば

十分 ホーム開催の大会では上位組に入るはずと確信しました。

何せ コントロールショットがヒロッペより冴えていましたからね。

オバQさん豊〇さんに並ぶプレイヤーになってくださいね

。。。それから、後は少しづつ他の技術も学んでみてください ハイ

さすれば もう少し気持ちに余裕が出てくるかも   です。

今日のヒロッペは最悪で(爆) 2回目も120オーバー(泣き)

どうやら 3回目のラウンドでオバQさんに勝てたしだいです トホホッ

日頃の運動不足が響いてきたかな~ 。。。ちょっと運動しないとね ハイ

そういえば、御殿場からお久しぶりの清〇さんご夫妻が来てましたね

今は、何でも御殿場で(技術指導)の講習会を企画なさっているとか。。。

帰り際 お久しぶりにいろんなお話ができて良かったなぁ。。。

本州でのパークは ホント主催者側の知識不足が気になります。

プレイヤーとして活躍して 将来は

現場の一番わかる役員さんとして盛り上げていってもらいたいです。

ルールやマナーだけをうるさく仰る(お上)の方々も

その(根源)を知らずして語っている人たちがいるようです。

どういう(上げ球)がいけないのかなぁ~。。。

ライナーもダメなんでしょうか??

何でも腰のあたりまでだったら良いとか悪いとか??

練習していて 芯を喰うようになると数cmでも上がらない球を

打つ方が難しい気がしますが。。。

たぶん(上げ球禁止)というのは (危険球)のことなんでしょうね。

僕は初心者の若い男の子たちが何も知らないで

フルショットしているときの方が怖くて怖くて(笑)

やっぱ (技術指導)も大事ですよねぇ。。。

最初に どういう打ち方が危ないか初心者の方々に教えないと

いけませんよね ハイ

さぁ 少し運動せねば(笑)


では では



ブログパーツが簡単に作れちゃう!!



桜舞うブログパーツ

[PR]ハッシュタグで盛り上がろう



江ノ電ブログパーツ


この記事へのコメント

♪Rose♪
2015年03月07日 23:02
こんばんは♪
成績表見ました(笑)
雨は疲れますよね!
でも、この時期の雨の中でも参加してプレイする皆様は素晴らしいですね(*^^*)
ヒロッペ
2015年03月08日 06:00
♪Rose♪さん
おはようございます

そうそう(笑)
叔母様 頑張ってますよん♪
雨の中で大変だったんじゃないかなぁ~。。。
白〇さんご主人と組まれたみたいね。
白ブタさんがこちらに来ると
立ち寄る居酒屋のご主人です(笑)



伊豆のジージ
2015年03月09日 17:16
 ヒロぺさん こんばんは
共感ですよ~!

健全で楽しいパークゴルフ普及の為の エチケット・マナー・ルールのその(根源・理念)を知らずして語っている人達(指導員・アドバイザー・等々)がいるのです。

 ある大会での ほんの一例
先行組から2ホール以上離れそうだったので、「少し早くしましょうね」っと言ったら、同伴者Aさんが「そんな事言われたく無い!」、さらに同伴者Bさんが「よく見てからものを言え!」っと明確に怒鳴られました。
そのホール終了までは相互に気まずく無言となりました。
両者とも一打毎を大切にして怠慢プレイや怠慢進行をしていたわけでは無いのです。
次ホールからは雰囲気を和らげるべく、私が同伴者全員に積極的に「ナイスショット」・「ナイスコントロール」・「ナイスin」・・の声掛けをする事等々により、、リカーバーを図りました。
そして、後日、謝りました。
そして、同伴者だった方も、謝りました。

 ルールブックや大会競技役員からの説明には「2ホール以上開いた時はペナルティー」とあります。

同伴者の足腰等の健康(障害含)状態・年齢・熟練度・打数・・だけで無く、思わぬアクシデント続きのスロー進行もあるのです。

*:最優先されるべきは、
健全で楽しいパークゴルフ普及の為の エチケット・マナー・ルールの
その 根源・理念 ですね。




ヒロッペ
2015年03月10日 09:49
伊豆のジージさん
こんにちは

(スロープレイ)の問題に関しては
いろいろと難しいことがあると思います。
初心者で打数の多い方が二人以上
同組にいれば
また、もともといろんなことが原因で
動作の緩慢な方がいれば
ルーティンまたパットのライン確認を
真剣に時間をかける方が
何人かいれば。。。。。
どれもこれも 
何ともしえない状態と言えます。
また、前の組が4人とも上手い方々の場合
自分たちのペースで行ってしまうと
後ろの組はとてもついていけません。
ですから
普段のミニ大会では大目に見ないと
とてもとても(笑)
僕は、(忍耐力)との勝負と
自分と戦うように仕向けてます(笑)
でもでも
もちろん、スコアは落ちます。
その時は、くじ引きも勝負のうちと
あきらめます(笑)

本当は、メジャーなスポーツは
プロ アマ エンジョイの区別が
ちゃんとなされていると思いますが
パークの場合は
いろんなタイプの方々が混在しながらの
大会が多いような気がします。
中には衝突があっても仕方ないかも です。
まだまだ
そこまでスポーツとしては
全体が整備されていないものと思います。
だから(自分で大会を選択する)のも
一つの方法かもしれませんね。
遠征組の方々も各大会 意識を変えながら
(その大会)で自分なりに楽しめるように
工夫しているのではないでしょうか。
だから
まだ無理でしょうけれど
将来的には、ホームでもアスリート系の
方々が集まるような(マジ大会)(笑)が
開催できるようになると
もっともっと面白くなるかもですね。
全国大会のような。。

まぁ~ニイ~
2015年03月10日 19:12
僕の所属する大会では、以前 前日 大雨 で 大会当日 水溜まりが 各所に有った時
僕的には JALカップで、土砂降り の中でも 【水溜まりどころか 川のように・・@】プレーしてきたのですが
役員が女性だと、8打←〖僕の支部では 打ち止め 〗以上 打つだろうからと、ティ の位置を 
前にしてしまいました。∑(OωO; )
水溜まりを、越える ショットを、打てる僕には ガッカリ でした。
技術の 向上 より 女性有利 の逆差別を感じますよ~
それでなくても女性には4打のアドバンテージがあります。
今でも、そんな具合 今度 大きな 大会が、有りますが 水溜まり 有れば NPGA 規則
に、沿うので あるがまま なのに ・・@(~。~;)?
女性のプレヤーの為にも成らないのに、チャレンジ精神を、損なうものです。
難しい ほど チャレンジ しないと 都合よく 規則 コース を 変えないで 欲しいよ~(T^T)

ヒロッペ
2015年03月11日 13:04
まぁ~ニィ~さん
こんにちは

そんなことがあるのですねぇ。。。
僕もハンディがついているのでしたら
そこまでしなくて良いと思います。
距離的にはパークの場合
ロングHでもゴルフに比べたら
そんなに男女の差はないと思います。
まして、自然にできたカジュアルですもんね。
体力の差ではなく技術力の差ですから。。。
出来る人がいて出来ない人がいれば
当然出来ない人は練習さえすれば出来るようになります。

そうそう
チャレンジ精神を損なうと感じました。
同感です。

伊豆のジージ
2015年03月12日 15:51
ヒロぺさん こんにちは

① あるメーカーの大会であった事象
各種大会で常に上位入賞者であるベテラン(協会員)2人
と中級者と4人組で同伴進行している時。
ベテラン2人がトイレに行ったり、コース情報を「ヒソヒソ」
話していたりして前組より2ホール開いてしまった。
→大会終了後に大会役員(指導員)よりマーカーが呼び
出され、厳重注意をされ、マーカーは平謝りをした。
←後日、水面下で判明した情報によると。
A) ベテラン2人と同地域内の「・・競争仲間」が当時
の状況を大会役員に通報「チクリ」したようだ。
B)大会役員は当該者であるマーカーのスコアの伸
長や人気人望に敵意(僻み・妬み・・)を持っていた。
C) ベテラン2人と大会役員は「・・仲間」で「罠」に
はめたようだ。
D)大会役員は「・・仲間」には明確にルール違反で
あるコース対応説明を大会進行中に「秘密裏」に行っ
ているにもかかわらず、他人にはまことしやかに厳重
注意をしている。
E)ベテランの中には、余裕の無い人や「寛容な」同伴者が
いたりすると、「進行の流れの中」で過小申告や各種
ペナルティー条項違反を我田引水的に運用している者
がいる。
・・・・・等々でした。
ページが汚れてしまいますので1/100位で止。。
先ず、主任指導員・指導員・アドバイザー・「ベテラン」
協会員・・の資質が問われます。

ヒロッペ
2015年03月12日 20:28
伊豆のジージさん
こんばんは

僕は小さい頃からスポーツが好きで好きで。。。
いろいろやってきました。
やはりする限りは
大きな大会でも上位に入りたいものです。
でもでも、いつでも忘れなかったのは
(フェアプレイ)です
僕は、スポーツは綺麗で純粋なものと考えてます。
もちろん、エンジョイのときは悪ふざけもしますが。。
本大会のときのアンフェアは許せません。
でも
今のパーク業界ではとても無理と思います。
そもそも
(パーク場の造り)に関しても細かい処までは
明確になってないし そして
そこで生じる現象を全部ルール化するのは
不可能に近いでしょう。
よって、(ローカルルール)なんてものが。。。
「一事が万事」(人 物 金)です。
一般のメジャーなスポーツと比べたら
その精度はかなり低いような気がします。

だから、「自己満足」と言うと
次元の低い言葉になってしまいますが
僕もミユウも
(健康と良き友創り)を一番と考えてます。
そして、空きあらば大会優勝(爆)

少しづつ分かってきましたよ。
(楽しくなけりゃ パークじゃない!)
です(笑)

この記事へのトラックバック