いよいよ ミズノオープンです!!

ブログパーツが簡単に作れちゃう!!




今のピン位置でヒロッペが気を付けていることを書いてみよっと

「読むと先入観でおかしくなっちゃう」って人は絶対読まないように(笑)

先ずは

つつじA

1H(ショート)
ここのFWは、左に打つと右にだんだん曲がってきます。でも、あんまり強いとダメダメ(笑)
あとは、右手の木のすぐ横を通すライン 。。。やり易い方がいいかなぁ
ピンはグリーン右側です。(僕は、ティーグランドの球の置き位置に気を使います)

2H(ドッグ)
左にあるOBゾーンにティーグランドが向いているので騙されると突入デッス。
2打目は結構速いので気を付けて!これまたOB注意。

3H(ミドル)
真直ぐ打っても正面の山の裾まで行っちゃうと2打目が打ちにくいラインになるぞ。
グリーンエッジにつけるのがベストかと ハイ

4H(ミドル)
普通に打つと右に出てしまいます。気にしすぎるとグリーン手前左の木に突っ込みます(笑)
慎重にね

5H(ミドル)
ここを3で上がれればベストです。何せグリーンエッジにつけること。
後は、慎重に砲台に乗せて3ゲットです。ショットの左右のブレは要注意!
両方ともに取り返しが困難です。生5生6のメッカ(笑)

6H(ドッグ)
先ずは短く打つ距離感です。そして、難関は2打目。
今のピン位置は右側の落ち際です。乗せないで直接右下に置くのも良いかも。
乗せて右側に落ちるとかなり転がっていってしまいますよ。手前エッジからも難しいです。
生5生6のメッカ ハイ

7H(ショート)
砲台に乗せようと思うと反対側に落ちる可能性大=OBが待ってます(笑)
それと、FWの右側を通すと右に流れて山に突っ込むので要注意!

8H(ショート)
ピンは左側にありますが、狙うとラフに入り喰われます。
左ラフ切れ目よりやや右くらいがいいかなぁ。。。左にあるピンに曲がって寄っていきます。

9H(ロング)
そのまま強打すると必ず左のOBに突っ込みます。
弱く打ってOBの手前に刻むか 強打でせめる時は、右側の柵から50cmくらいを平行に!

ハイ
次に つつじB

1H(ショート)
今のピン位置は山を一個越えた次の砲台グリーンです。
あんまり無理してワンオンしなくとも、山と砲台の間で充分と思います。
ここも、ティーグランドが右側向いているから気を付けないと右手の山に突っ込むよ

2H(ショート)
ここは、そのまま素直に打つとグリーンの右側にどんどん行っちゃいます(笑)
ピンは左にありますので、グリーンの真ん中を狙った方がいいですよ ハイ
左に木があるのであんまり極端に欲をかかないこと(笑)

3H(ショート)
砲台に乗せるのが一番ですが、乗ってから今の時期は非常に速いので
突抜けOBには要注意デッス。

4H(ミドル)
右と左に小山があります。左の山は球が戻ってくるので(山返し)の技が使えます(笑)
でも、FWキープでグリーン左エッジにつけるのが一番かと。

5H(ミドル)
途中で下りの段差があります。その真ん中を通過するように打ちましょう。
そのまま漠然と打つと右側のグラスバンカーの中に突っ込みますよ ハイ

6H(ロング)
ここは、途中に上り段差があります。ライナーを打つ人はなるべく低いライナーが良いです。
キックが酷い段差なので半分より上に当たるととんでもない方向に行くことが(コワッ)
あんまり力まないでクリーンヒットでFWを転がすのが一番かと。

7H(ミドル)
ここは2が獲れる最終Hです。ただ、グリーンに乗せようとすると突き抜けOB多発地帯(笑)

8H(ドッグ)
FW右側を少し強めに打つと段差を落ちていって大分グリーンに近くなります。。。が、
あんまりお薦めしません(笑)失敗するとその代償が。。。
今のピン位置はなるべく奥の方へ置くのが良いでしょう。OBは恐いですが ハイ

9H(ミドル)
何せ左右にブレます。両側ともOBゾーンなので真ん中のマウンドの真ん中を通過させましょう。

ハイ
次は さくらAです。

1H(ロング)
ここは、強打してブレやすい人は刻んだ方がベスト!
真ん中くらいでも2打目をエッジにつければ4上がり確定です。強打して、OBもしくは
生5生6叩く人続出地帯です。

2H(ショート)
そのまま打つとグリーンの左側に大きく流れてしまいますよ。
少し弱めでグリーンエッジにつけるのが一番です。右側の山には注意!

3H(ショート)
グリーン手前右側にあるOBゾーンの右狙い(ラフ抜き)と左狙いがあります。
今のピン位置の場合はです。あまり無理しない方がいいかも。。。
FWは左に少しづつ流れますので、OBの左端を狙って丁度良いかも(左狙いは)

4H(ショート)
ここは、距離感だけと思います。2が欲しいところです。

5H(ミドル)
球がFW左に行かないよう気を付けてください。どんどん左に行って小山か木に突っ込みます。

6H(ミドル)
今のピン位置だと、狙えばFWをどんどん左に流れます(酷いものです(笑))
微妙に右側に打つようにした方が良いでしょう。微妙にですよ ハイ

7H(ミドル)
そのまま打つと必ず左ラフに入ってしまいます。
そう ここもティーグランドが曲がってるんです。気を付けてください。

8H(ショート)
砲台に乗せるのであれば、グリーンの真ん中狙いです。
少しでも右側に寄るとグリーン右側にどんどん落ちていきます。

9H(ミドル)
今のピン位置だと池ポチャはありません(笑)
正面に植栽がありますが、あんまり無理しなくとも右でも左でも
距離が合っていれば充分2が狙えますよ ハイ


さて 最後のさくらBです。

1H(ショート)
サービスHになった気がします(ピン位置)
そのまま打つと右側に行ってしまうので慎重にピン下エッジを目指してください。

2H(ロング)
真ん中にマウンドがありますが、刻む人はその手前までです。
それを越えるとどんどん左OBゾーンに流れます。ただ、男性のように
球足の速い人はそのまま突っ切ってエッジ近くまでいきます。
何せ強打する人は球が右に出やすい処なので気を付けてくださいね

3H(ショート)
砲台のエッジなら左下が一番良いですが、ラフを通さないとなかなかそこに置けません。
手前エッジは2打目で狙うと外して左下に落ちていきますので返しがはいらないことが
多いです。その場合は、カップ右側に乗せていくのがベストです。
無理して2狙って 生4生5多発地帯!
途中に下り段差があるので上げない人は、下りで加速してしまうことも考えてね。

4H(ドッグ)
打つ方向に(黒いところ)があります。僕は、黒のお座部と呼んでます(笑)
そこから、1mくらい手前までが直ピンを狙える場所となります。
そうそう、ここはグリーンの手前の3本の木を避けないといけません。

5H(ミドル)
右にあるピンを狙わないでFWキープでエッジにつけましょう。
ラフに入ってしまうと、2がなかなか獲れませんよ。

6H(ミドル)
少し登りになっているんです。ショートする人が多いかも。。。
気持ち距離より強めがいいかもです。ベストはグリーンの右下(今のピン位置だと)
その他のエッジは、下手に狙うと落ちて生を叩きますよ ハイ

7H(ミドル)
左側に木があります。あんまり意識すると偶に当ててる人いますので注意!
FWの左切れ目狙いが安全な狙い目かと思います。
ここも無理しないでね。生多発地帯!

8H(ショート)
前はOBだったところが今はただの植栽になってます ホッ
ピンはグリーン左の下にセッティングしてあります。
狙うなら、植栽の50cmくらい右側かなぁ~。。。少し強めにです。
ただ、少し強めの球が真ん中行っちゃうとOBになります(爆)

9H(ミドル)
ティーグランドが曲がってないで左にズレて?ます。
真直ぐ打つ人は置き場所に注意です。距離感があえばサービスHとなりますよ ハイ


。。。以上でした

でもね、これはあくまで僕の主観なので参考だけにしてくださいね。

人によって狙い目が違うと思うし、また自分で攻略するのが好きな人もいます。

あくまで参考ということで

それから、今のピン位置が替わってしまっても多少の参考になると思います。

やっぱ前日土曜日の練習日が鍵かなぁ~。。。

富士PGの場合は、戦略的部分とあと(ナチュラル)な部分と両方あるので

(ナチュラル)な部分ではなかなか攻略の難しいPG場と言えるかもしれません。

もし、僕のブログをご覧になられている方々で(ミズノオープン)に参加される人が

おりましたら、少しでも参考になれば幸いと思います。

では

果たして、今年の大会はどのような結果がでるでしょう???

遠方よりお越しの皆さんは是非道中お気を付け下さいね

僕は、今回参加できませんが どうぞミユウのことを宜しくお願い致します

「楽しくなけりゃ パークじゃない」

そうそう これが一番デッス 











この記事へのコメント

まぁ~ニイ~
2015年01月09日 00:12
ミュウさん頑張れ~(*ゝω・*)ノ♡♡♡×9=27♡×4♡=108♡で、優勝・と・ヽ(´▽`*)ゝあ~ぃ!
ヒロッペさんのを参考にして(~。~;)?、マイペースで・@(≧∇≦)b
ヒロッペ
2015年01月09日 06:04
まぁ~ニィ~さん
おはようございます&ただいま~ッ!(笑)

応援ありがとうございます

優勝までは。。。
入賞できて 後は一日めッパイ楽しめれば OKかと

去年から既にマイペースで彼女はやってますよん(笑)
何せ メンタルは僕より強いかも アハッ
心配ご無用(爆)

このブログは、あくまで他県から参加の方々の参考になればと思い書きましたので。。。あしからず


この記事へのトラックバック