(代打)??

ブログパーツが簡単に作れちゃう!!






9月2日(火)晴れ

今日は夕方からのお仕事ですので 昼間はオフです(嬉)

夕べはエアコンなしで寝れましたよ(驚)

今日も天気は良いのですが 何となく秋の陽気です。

画像


富士山はまだまだ真っ黒ですが(笑)

今までのうだるような暑さはなく 何となく涼しい感じ やっぱ秋かなぁ~

パークをするには最高の陽気となってきましたね♪

今度のヒロッペの完全オフは土曜日なのですが

丁度 ホームでは「ペアマッチ54H大会」が開催されるようです。

本来は「ヒロッペ&ミユウ」で参加したいのですが、どうも休みが合わない(悲)

社長のミヤさんも「誰でもいいじゃない!楽しめば!?」なんて

言ってはくれるのですが。。。

富士はもともと女性会員が少ないので大体男性が余ってしまいます。

男性同士で組むペアもあるのですが(ハンディあり)

どうせ参加するなら上位を狙いたいものです。

神奈川勢のペアの女性陣は、普通の男性より全然上手い方々が多いので

ハンディがある分だけ負け色が濃くなるような気がしてなりません。

ベストボール36Hとワンボール18Hなので

僕の予想だとスコア155を切らないと優勝は無理のような気がします。

いくら男性同士って言ったって容易に155は切れるものではないし。。。

ちょっと前のスペシャルペア(アッキーナさん&豊〇さんペア)だったら

可能性があったのでしょうけど。。。

あの時は確かハンディの分だけうちが勝ってしまったような気がします。

http://03913199.at.webry.info/201312/article_3.html

それなら いっそ女性と組んで頑張ってみたいとも思うのですが

相方がみつかりません(悲)

それに見つかったとしても 気を使っちゃうだろうなぁ。。。

やっぱ ヒロッペ&ミユウでないとダメか(笑)

果たして 今度の僕の(サタデーパーク)はどんな展開になるのでしょう?

サタデーフィッシングになっちゃったりして ハハハ

。。。そうそう そういえば  

 (お~いッ!最近このフレーズ多いんちゃうか!?) 

ホームの小ニュースの時間です(笑)

画像


ホームの裏手には多くの猫ちゃんたちが生息してます(爆)

そして今回のご紹介はこのお二人  毛並みが良すぎるぞ

目も青いし 。。。ミヤさんの話だともう一人スゴイのがいるらしい フムフム

そしてそして

画像


ついに オバQさんが始めましたぞよ!

初心者講習   どうも 個人的にやっているらしいが

先日もご婦人お二人が突然来場され 丹念に教えたらしい。。。

「一周廻ったら 忠実に基本を守ってくれて大分上達したよ

なんて まんざらでもない笑顔をもらしてましたぞよ♪

そういえば 最近見慣れないお客様がポチポチと来場されているような。。。

イイ感じ


☆--☆--hosi---(^^)/


9月3日(水)晴れ

なんと良い天気  もう 秋晴れって雰囲気ですねぇ。。。

近くにパーク場があれば軽~くクラブ を振りに行けるのになぁ~(笑)

何せ 富士市だし(遠すぎ)

今時分のホームは、芝も伸び綺麗な緑色をしていて気持ちが良いです。

それに、砲台のグリーンでパットを外しても止まってくれるし(笑)

冬のツルツルグリーンでは、外したら2~3mくらい下っていってしまいます。

だから、ストレスを感じないでプレイができる良い時期なんです。

それに、ミドルHである程度打ち込んでも突き抜けないし

セミロングやロングはライナーをある程度強く打っても大丈夫です ハイ 

そういえば 一口に(ライナー)って言うけど

パークの場合、打ち方のマニュアルがそれぞれ少しづつ違います。

あるものでは、ボールのセットは左踵より目標方向に10cm~20cm前に置くって

書いてあるし(スクエアスタンス) 

また、違うものでは左踵の前で良いって書いてあるし

また、あるものではスタンスを少しオープン気味にして左踵の前にセットで

スイングは気持ち外側から入るように説明されたりしています。

画像


いづれにしても、体重配分は(ライナー)の場合は6:4で右脚にかけた方が

良いとされています。

また、ボールの半分より下を打つようにするとか

右側面を打つようにするとかと 何となくまちまちなんです。

ある方は、打つ時に右足を少し下げて打つと良く上がるとも言われました。

はたまた、打つ時に手首を軽く返すと言われる方もいました。

僕の経験からだと、そんなに高く上げようと思わなければ

ネットの前とかで 打つ時にボールのちょっと下目半分を打つことを

意識するだけでボールは簡単に上がります。

ただ、ショットに慣れてこないと難しいと思いますので

ネットがあれば何回もショットの練習をした方がいいかも です。

あと(高さ)については、それを助長すればもっと上がります。

スタンスのオープン度を上げてクラブフェースの開きを大きくするとか

ボールを左踵のそれこぞ目標方向に前に移動して打つとか。。。

ただ、どれにも限界があるのでダフったりしない程度ですが。。。

僕も普段は、ホームの場合マウンドがあったり障害物があったりとかなく

転がしだけで充分良いスコアがでるのであまり打ちません。

だから、実際上手くも打てないのですが(笑)

いづれにしても (強く打てば)上がるって話ではないので

画像


ネットの前とかでゆるく打って上がる感覚を自分なりに掴んで

いくことが大事なような気がします。

それに、クラブが外側から入るカット系の(ロブショットとか)の打ち方は

ジャストミートしないと とんでもない方向に飛んでいってしまいますので

充分 ネットの前とか人気がないところで練習が必要ですね うんうん

僕も それに関してはまだまだホント修業中なんです。

ホームでも一打目のミスショットをリカバーするときは 一打得する為に打ったりします。

それに、他のパーク場行ったりするといろんな打法が出来る出来ないで

ホント差が出てくると思いますので、長い目で練習は欠かしたくないです。

あらら??? また、上げ球の話になっちゃった(笑)

この後 まだカキコしますね



9月5日(木)曇り

夜勤明けでしたzzz

起きたのは、午後1時くらい。。。ま~ッたりしてましたよ(笑)

ちょうど今しがたミユウがパートから帰ってきました。

「留守電入ってるよ」 

「爆睡してたから 知らんかった どうせ営業でしょ。。

「社長(ホーム)からも入ってるよ」 「えっ??

たぶん明日の(ペアマッチ5H)の件だと思い電話してみましたよ。

「坂〇さん(4吉さん)が都合悪くなっちゃったので宇〇さん来ませんか?」

ということであった。

何でも、4吉さん お父さんの具合が芳しくなく参加できないとのこと。

僕も、去年9月まではずっと父親の具合が良くなく 

施設や病院からの(呼び出し)は、頻繁にありました。

その度ごとに良くなっては安心しの繰り返し。。。そして、去年の9月に

どうぞ、4吉さん お父さんを大事にしてあげてくださいね。

。。。。ということで、(代打)です。

4吉さんのピンチヒッターなら、これは断れないッス ハイ

「4吉&ミヤ」から「ヒロッペ&ミヤ」へ変更でした。

。。。偶には、缶ビール飲みながら の~んびりと釣りもいいなぁ~ 

なんて思っていたのですが(笑)  キスの天ぷら 

とにかくぶっつけですが、 明日は4吉さんの分も頑張らねば

様子は次回に書きますね

では では









 








ブログパーツが簡単に作れちゃう!!



chouette autumn




FANTASY



弱虫ペダルの猫


この記事へのコメント

まぁ~ニイ~
2014年09月04日 22:53
土曜日 僕も 月例土曜会 です。雨かも・・@【中止かも】
本当に上げ玉 方法 沢山有りますね。
ただ ゴルフボールの様に 強烈なスピンが 掛からないので、落としどころが 難しいですよね。
どうしても ラン がでます。
転がすよりも、止まりますが・・@
僕は、 ヘッドの上に乗せるか 芯にボールを 捕らえて ショート・ミドルホールは 落としどころとランの組み合わせです。クラブも自然体で振ります。
ラフは、クラブの下角でボールを 叩きます これも 自然体で 10~15㍍ならカップインもあります。
グリーン近くの ラフからピン 狙いは かぶせ打ちか スライスカットで。カップイン狙います。
トラブルで 植栽越えは クラブフェースを開き バックスイングの大きさで 浮かせます。
フォローは取りません。最後のが一番難しいです。(笑)
毎日 クラブとボールが違うので、面白いです。大会は勝ち負けじゃ~無く 今日の自分明日の自分を越えるためと、技術・精神力の研鑽だととらえてます。 ペアーマッチ 負けても、得るもの が 有れば 出場された方が 良いと思います 余計なこと言って ゴメンナサイネ┏○ペコッ
ヒロッペ
2014年09月05日 13:14
まぁ~ニィ~さん
こんにちは

やっぱりティーショットをミスった時にいかにリカバリーできるかどうかも差がつくところですね。
ラフに入ったとか、障害物が前にあるとか。。。
でも、そういうときこそ実力というものがわかるとも
思ってます ハイ
だから、日ごろからいろんな打ち方の鍛錬をしておいた方がベストですよね
そうそう、ミスショットしてそれを綺麗にリカバリーしてしまうと、同組の方々にもメンタル的に威圧感を与えることが可能です(笑)
それから、雨が降ったあとのカジュアルが酷い状態での勝負は明らかに差がつきます。

ホント パークって奥が深いですね。
だから、少しの練習でも何処でもいつでも(上位)に入ることのできる方々は やっぱスゴイなって思ってしまいます。

この記事へのトラックバック