現況&スタイルⅡご報告です。






今年6月に「現況&スタイル」ということで 一度ご報告させていただきました。

それから半年が経過致しましたので 「現況&スタイルⅡ」をさせて頂きます。

現在の心境

今年は何せいろいろとありました。5月初旬あることで不信感を抱き「パークなんて」と思い皆さんにもたいへんご迷惑をお掛けしました。どんな業界でも「組織」はあるもので、「組織」がある限り「問題」もあるものと理解してます。
人の集合体」なのでなかなか「一本」にはならないものです。そんな中で、それまで知り得てきた知識と感覚でついつい「物申す」であったのでした。しかし、その後よく考え猛省しました。まだまだパークをやり始めて2年も経っていない「新人」だったのです。再度、振り返り「生涯スポーツ」「楽しいパーク」を続けていこうとミユウと相談したのでした。と言っても、スポーツですので試合には「勝ちたい」という気持ちは変わりません。

災難とは続くもので、6月にもあることがあり精神的に大分苦労致しました。「メンタル」なんてお題目でいくつかブログを書かせて頂いてますが、やはり精神的なものはプレイにも多大な影響がありました。しかし、これをまた「良い勉強」と受け止め、8月には「ヒロッペ&ミユウ大会初参戦!」した(チーム団体戦)に闘志を燃やしたことを覚えてます。二度目の夏(チーム団体戦) 昨年初参戦のときは、僕もミユウも同じチームに誰がいるのかも分からず参戦。
しかしながら、今回は「勝つためにチームを編成」しました。そして、4人個々に(団体戦)の為に練習をしました。
机上では、上位入賞スコアなども推察し4人が最高のプレイをすれば夢じゃないとも思いました。
不思議なものです。個々を普通に考えると、とてもとても上位入賞なんて。。。とも思ってましたが、4人とも最高ではなかったものの最後まで(チームの為に)OB出しても、打ち止めの8を叩いても諦めませんでした。その結果として、優勝することができました。感極まった一瞬!正しくです。

9月には、父親が亡くなりました。去年秋以降から体調を崩し、施設では寝込んだままとなりました。今年に入り、
施設から病院へまた施設にもどりの繰り返しでした。数年前に脳梗塞で倒れて以来、胃がん 肺気胸と数年にかけて体を蝕まれていたのです。元気があったり苦しがったりで、施設に通うのが怖くもありました。
葬儀の後は、何かポッカリ穴が空いてしまったような感覚がありました。母親は、既に亡くなっていたので最後の「肉親の親」だったのです。転勤族で、長年実家にも長男坊のくせに戻らず母親が亡くなって そのとき会社を辞める決断をし実家に戻って、その暮れの脳梗塞でした。皮肉なものです。
暫くは、クラブを握ることもできずにいました。

ブランクとは怖いものです。ミユウとも相談し、パークは再開したもののスコアは低迷しました。丁度、メーカーさんが見てくれる(ひび割れ)ということで「代替え品」のクラブでの再開でした。実は、このとき「クラブの違い」にかなり驚きました。思うようにならないのです。結果 そのまま戻ってきたマイクラブだったのですが、今度は「代替え品」のクラブに慣れてしまっていて、暫くは思うようになりませんでした。「弘法は筆を選ばず」と言いますが、そのような実力がまるでない自分にも嫌気がさしたこともありました。

今月12初旬に「ペアマッチ54H」がありました。以前ミユウと2度参戦した「ペアマッチ」は、あまり成績が冴えませんでした。しかしながら、ネット上で「ヒロッペ&ミユウ」と謳っている限り このペアでの初優勝は夢なのでした。
僕が低迷している中、ミユウがあるパットを見つけ安定感が増していたのでした。二人で、パーク場で家では机上で
「勝つための作戦」を練りました。結論は、「2は捨てる 3のみで勝負」でした。つまり、ホームの場合殆どが砲台グリーンなので 2を狙い外すと返しも入らず4また5になってしまうのです。それまでは、行って来いのグリーンが3だけを狙うことで 格段にスムーズになりました。
つつじA1ショートH 強豪神奈川ペアと同組。もちろん、相手はグリーンワンオン それもベタピン。出だしから、僕らは緊張しました。僕らもワンオンでしたが、ツークラブは離れていました。しかも、カップはグリーンの落ち際にありました。相手ペアは「お先に!」で2上がり。しかし、僕は「よし!!うちらは、3で行こう!!」。。今のミユウなら、2で入っていたかもしれません。でも、彼女は喜んで寄せてくれました。気持ちが通じていたのでした。
大混戦の末、このペアに最終Hで逆転勝ちしました。それどころか、同点ということで(男子二人)ペアとプレーオフをしました。つつじA9 互いのベストボールはグリーンエッジ。そのとき、ミユウに何も言えませんでしたが彼女はちゃんと「寄せて」くれました。僕は、感心しました。。(相手がエッジから2で入れたら負けなのに)
二人で決めたことなのです。。。結果、相手は大きくパットを外し 返しの3パットも外してしまいました。僕らは、『楽
3』を入れて優勝。。。「親父からのプレゼント」と一瞬思いました。

今月29日には「チャンピオン大会」があります。去年は夜中の大雨で酷いカジュアルでした。
僕もミユウも少しは上達したとはいえ、とてもこの大会では優勝なんて無理と思ってます。ただ、頑張るのみです。

現在の心境)とすれば、どうしてもスコア中心になってしまい 果たして「楽しいパーク」なのか?という疑問符が再びあります。今年は、父親のこともあり「遠征」ができずの1年でした。そのこともあってのことでしょう。やはり、新しくできる「パーク友」が「楽しみ」の根源と思いました。来年は、今以上に「楽しいパーク」の実践ができればと思います。

プレイスタイル

こちらは、半年前とあまり変わってません。ただ、クラブとボールにほんの少し「仲良く」なれた感じはあります。ですから、スタンスは今はあまり拘りがありません。そのホールごと、自分の打ちやすいフォームで打ってます。この半年は、打つ球の球質に興味がありましたがなかなか思うようになっていないのが現状です。でも、これからも「球質」には拘って練習していきたいと思ってます。特に「パット」に関しては前回よりも非常に興味を持っています。ちょっと前までは、ティーショットばかり気にしてましたが 「パット力」のある人が強いということに気が付いたからです。
「パットの球質」 これが今の自分の課題でもあります。

それから、前回と変わったところと言えば 「グリップ」です。それまでは、どこでもいっぱいに長く持っていました。
が、コントロールや距離感を考えていくと「短く持ったり」もしないとダメということがわかりました。暫くは、短く持つことに違和感がありましたが、今は自然になりました。今頃は、芝も早く 今まで通りのグリップではOBの連発なのです。
それから、球が当たる瞬間のことが気になります。自分ではライナーを打ったつもりでいても、妙に高く上がってしまい フェースを見ると「円マーク」がついていたりします。スクエアスタンスなので、スイングアークの問題と思いますが、もしこれが自在にできればスクエアスタンスのままロブが打てます。遠い先の話です(笑)
上げ球)に関しては、以前は(より高くより遠くへ)なんて思っていましたが、最近では とても短い距離をなるべるポワンと上げてそこで止めたいと思うようになりました。それができれば、ラウンド中使用回数が増えると思ったからです。。。でも、難しいです  なかなか できません(泣)

暫くは、思いのままにやっていきたいと思ってます。それは、あまり考えすぎるとかえってスコアが低迷してしまうからです。自分が打ちやすいスタイル またコントロールや距離感の分かり易いスタイル。。。かな(笑)

スコアメイクについても、前回より考えるようになりました。前回までは、総スコアさえ良ければ総て良し!だったのでが、今は数字の並び方で判断するようになりました。もちろん、調子の良し悪しをです。だから、ホールインワンが出ても表面ほど(笑)嬉しいとは思わなくなりました。そして、後でスコア表を見るときワンは2と見てます。今日は、調子が良かったからスコアも良かったもいいのですが、究極は「思った通りにできた」がたとえ総スコアがあまり良くなくとも嬉しいということです。それは、この半年ブログの中でいくつか取り上げてると思います。「ペアマッチ」の優勝は、実は実力の優勝でなくスコアメイクの優勝だったのです。見て頂けるとおわかりですが、二人ともたいして実力なんて持ってません(爆)
以前 「みんパゴ」で(はやさん)が言っていた(オール3)。。いろんな意味で快挙と思いました。

次に(メンタル)でしょうか。。。

これには、なかなか解決策がないのが現状です。最近分かってきたのが、僕の場合「同組」のメンバーに大分左右されてしまうということです。決して「人種差別」ではないです(笑) 例えば、他3人の方が初心者で大会で組まれたとすると 僕自身もスコアがたぶん伸びないような気がします。実際、そうなのですが。。。それから、動作の遅すぎる方(※これも差別ではないです)と、ご一緒するとやはり乱れます。多分 自分のリズムやペースなんかがあまり同組の方と合わないときです。逆に 「好敵手」の方とご一緒させてもらうと(負けたくない)感がいっぱいになり、スコアが伸びたりします。。。しかしながら、「楽しいパーク」なのでどなたと廻っても楽しく またスコアメイクできないといけないですね。常日頃思っているのですが、なかなか難しいです。
おそらく まとめてしまうと「集中力の欠如」がスコアに反映されてしまうということと思いました。小さい頃 学校で先生に「落ち着きのない子」と言われたことがあったような(爆)
理想しては、移動時は楽しくショット時は集中してなのでしょうね。決ったルーティン動作を欠かさないようにするのが、やはり一番の解決策かもしれません。
練習スコアより大会スコアは5ポイントは落ちてしまう。これは誰しもそうと思いますが、やはり練習に勝るものはないとも思います。「確かな自信」が誰と廻っても大丈夫ということでしょうか。
事前に組がつくられている大きな大会の主催者さんたちの、「組作り」の苦労がこの半年でだいぶ分かってきたような気がしてなりません。

最後に。。。
去年 僕らがたいへんお世話になった「おやまパークゴルフ場」が来年4月で閉鎖となります。これは、はっきり言って相当ショックでした。事情があるのですからそれは致し方ないのですが。。。僕らは、北関東遠征は(吉岡PGとおやまPG)をカップリング 千葉遠征は(しすいの森PGと大木戸PG)をカップリングしてました。吉岡PGもまるでゴルフ場のようでプレイが気持ち良いし、一方おやまPGはトリッキーで何せ面白いし、また森の中にあるので自然と遊んでいるような気分が最高でした。また、オーナーさんの人の良さは格別で (大会参加はまだ無理です)と二回目にギャラリーのみで行ったときも とてもよくして頂きました。また、技術的なことも教えて頂いたり。。。人の輪を広げて下さったりと
去年三回のおやまPGへの遠征でどれだけ多くのことを学ばせて頂いたか。。。もちろん、ホームに戻ってきたときも
そのことがあり、成長することができたと言っても過言ではないです。
ですから、いつも楽しく通われているプレイヤーさんたちが どんなに寂しがるかは手に取るようにわかるような気がします。後、数か月ですがお仕事頑張ってくださいね。僕らも、来年になったら一度は顔を出したいとミユウと相談しています。(おやまパークゴルフ場の一ファンから。。。)




いろいろと書いてしまいました

基本 自分の日記と思って書いているところもありますので、適当に読み流してくださいね(笑)

来年になると早速「ミズノオープンin富士」があります。一年ぶりにお会いできる方々も大勢

楽しくプレイできる大前提は(健康)が一番と思います。年末何かと忙しいと思います。

そんな中 思わぬ怪我をしてしまったり 頑張り過ぎて風邪をひいてしまったり

呑みすぎで胃を悪くしてしまったり。。。当然 僕も含め皆さんもご自愛くださいね


では では 


そうそう  メリークリスマス

ブログパーツ ハピネム






この記事へのコメント

タ-ボです
2013年12月24日 18:36
思いのたけを予習・復習含めて書き綴りましたね。文章力も良いし。も-、メンタル面は完璧でしょう。余談ですが、試合中プレィヤ-のリップ・サ-ビスに惑わされないことも大事です。「他人の不幸は蜜の味」じゃないとは思うけど、有るんですよミスを誘うような駆け引きがetc
ヒロッペ
2013年12月24日 18:54
ターボさん
こんばんは(^-^)/

確かにありますね(*^_^*)
(他人の不幸は蜜の味)…
はっきり言って (それ)です(^^;;…
まだまだ、修行が足りません(泣)
寛大な気持ちのプレイですよね!
……無理です(笑)
って書いちゃうと、一緒に廻ってくれる人がいなくなっちゃう(泣)

けれど、皆 そうなんでしょうねぇ…

この記事へのトラックバック