攻めのパーク 守りのパーク。。。







※上のスイッチ オンでBGMが聴けるよ




ポカッと空いた時間 。。。ヒロッペは またまた いろいろ考えてみました







(参考)


萩選手(ミズノオープン)
つつじA 233333323 (25) つつじB 322223333 (23)

さくらA  432233233 (25)  さくらB 2323433323 (25) 


計98  2×12(33.3%) 3×22(61.1%) 4×2(5.5%)

(2の内容) ショートHの2×9(75%) ミドルHの2×3(25%)



豊〇さん(ふれあいカップ)
つつじA 233434222 (25) つつじB 232334352 (27)

さくらA  332233233(24) さくらB 243432222(24)


計100 2×15(41.6%) 3×15(41.6%) 4以上×6(16.6%)

(2の内容) ショートHの2×8(53.3%) ミドルHの2×7(46.6%)



ヒロッペ(最近の練習ラウンド良いスコア)

つつじA 2334⑤5223 (29) つつじB 332233333 (25)

さくらA 433233223 (25) さくらB 341333232 (24)  
  

計103 2×11(30.5%) 3×20(55.5%) 4以上×5(13.8%) ※1は2でカウント

(2の内容) ショートH2×7(63.6%) ミドルHの2×4(36.6%)  



(富士PGのショートH 全13カ所)

ショートHでの2の確率 萩選手 (69.2%) 豊〇さん (61.5%) ヒロッペ (53.8%)

富士PGのミドルH 全19カ所

ミドルHでの2の確率 萩選手 (15.7%) 豊〇さん (36.8%) ヒロッペ (21%)


同じスコアではないので おおよその比較になると思いますが、

ヒロッペのつつじAの4⑤生5は、普段はあまりないので 差し引いてッと(笑)

全体の2の数は 豊〇さんが圧倒的に多い。

ただ、ショートHにおいては萩選手のほうが勝ってます。。。フムフム

ということは、萩選手の場合はさくらABつつじABの順で廻ったので、ミドルHは

完全に3狙い。。。つまり、「打って 寄せて 入れる」 キャッチフレーズ通りなんです。

そして 最終つつじB ミドルHで2を二つとってます。

前半 中盤 思い通りにいったので、最終コースは「強気」に転じたのでしょう

豊〇さんの場合は、たぶん ショートHは「ワン狙い」 ミドルHはロングパットでも2狙い

と感じました。終始、「強気」のように感じられます。

その代償として、4の数が増えてしまい萩選手の3倍の数を出してしまってます。

ヒロッペの場合は、4以上のスコアの確率は豊〇さんより少ないものの

2の数が圧倒的に少ない(泣) つまり お二人にはまだまだ 届かないのであります。

「強気」=「攻め」 「弱気=守り」 とすると、ご自身のパークはどちらにあたるでしょうか。

それを 時と場合でコントロールしてしてしまっているのが 萩選手なのでしょうね。

豊〇さんは、去年 「本間カップ」の寸前で神奈川の鳥〇さん(ご老公)に

「常に打ち過ぎているから、スコアが上がらないんだよ。寄せてからいれないと。。。

寄せているうちに何個かは 意図しなくても自然に2が来るものなんだよ」

などと同ラウンドで教えを頂いたそうです。

そして、「本間カップ」初優勝しました

ということは、本来が「攻めのパーク」なのでしょうね。。。うんうん

もともと ゴルフやっていてかなりの腕前だったようなので パットの精度がスゴイのです。

ただ、富士PGの場合 殆どが「砲台グリーン」なので、

一度外すと返しの3が入らない時が多い(落ちてしまうと、逆目なので結構外れてしまう)

じゃ、ヒロッペはどうなのか???

「強気」「弱気」が自分でコントロール不能になってしまう時がある(爆)。。。欠点だぁ~(笑)

乗ってくると 「ゾーン」に入るときがあり そういうときは2が1コースで5個くらいくる。

ただ、2度3度 パットを外してくると急に「弱気」になり、パットが途中で止まってしまう。

もちろん、ラインが合っているのにである。

場数がまだ少ないと言ってしまえば、それまでである。

ツークラブ以上でも、平気で2を狙ってくる豊〇さんが羨ましい限りである。

何せ、他のグリーンの広いパーク場と違い砲台グリーンだから。。。

止まったパットは 元の位置に落ちてくる。行きすぎたパットは反対側に落ちてゆく(笑)

豊〇さんは、練習の時は殆どショット練習をしないで 寄せとパット練習を各Hでしている。

これを 見習わなくてはならないと思いました。

それに自信がついてくれば、自然と「攻め」のパークができるだろうし

場面によっては、守りに徹することも可能なのだ。


もう、12月も半ばだなぁ~。。。

「チャンピオン大会」も近いしなぁ。。。

ミユウは、相変わらずである。というのは、あるパットを覚えてから精度が格段に上がった。

また、先日あった「ペアマッチ」の練習で二人でコンコンと言いながら廻ったときの

「2はいらない OBなしでサントリー」の決め事を守って先日のミニコンペで

またしても、優勝した。

さあ、ヒロッペも早急に手段を考えないと

画像


このままでは、ボロ負けである(爆)


独り言ブログであった(笑)

では では 


子犬の散歩ブログパーツ










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック