パーク場の夕陽





僕がね小っちゃい頃は 外には空地がいっぱいあったんだ   


そう小川には メダカやザリガニもいた   


ランドセルはいつも 玄関に放り投げていた(笑)  外が好きだった。。。


母は怒るけど 顔は笑ってた


夏は皆んなと空地に行って遊ぶんだ  


ずっと ずっと 陽が暮れるまで走ってた。。。


秋はね 赤とんぼがいっぱいいた  いつも追いかけていたよ


冬もね 外が好きだった   寒くて寒くて  でも 外が好きだった。。。


凧あげ メンコ 缶けり 。。。    いつから しなくなったんだろう


よく怪我もしたよ でも すぐ治った   


今はいないね。。。誰も   少し寂しいね


でもね また見つけたのさ  。。。空地


今も 陽が暮れるまで遊んでる 君とね   子供みたいだ


あの夕陽 なんかとても懐かしい感じがするんだ  遠い昔の。。。


君も感じないかい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック