ホームでのいろんな打ち方

ホームも大分慣れてきたのです。

各Hごとに勉強した新しい打ち方を実践してます

@ショートH(30m~40m)
Sショットと言ってます 左脚の前に通常球を置きますが、もう少し2~3cm先に置きます。そして、普通はライナーショットのような置き位置ですのでクラブフェースは開きますが、この場合開きません。つまり、シャフトは地面に垂直。球が少し前にあるので、目標物と照準を合わせ易い。もともとスナップが効いているので球の強弱がつけ易い。しかし、ほんとショートHのみです。手打ちに近いような気がするし。。。コントロールはバッチリ

@ストレートのミドルH(50m~60m)
Nライナーと勝手に言ってます 簡単に言うと自然に上がる球転がすには、気持ち長すぎる。また、途中イレギュラーすることが多いホール。これは、皆さんお使いですよね。

@(30mそしてグリーンが大きくなだらかな砲台) ピンは右寄りでグリーン手前に1m四方の植栽OBあり
ここは、ピンを狙うと植栽OBのど真ん中なのでFW狙いか、ラフを抜けて植栽OBの右側を通しピン右に寄せるかです。僕は、ラフ狙いです 押し出し球 ゲッ そんな名前ないない(笑)勝手に自分で言ってます。
少し短めにクラブを握ります。脚は、オープンそしてスイングはややイン、そして球の下目を狙い押し出すように右手主導で外側に打ち出します。低い弾道で重みのある球がラフを抜けていきます。コントロールも距離感も掴みやすいです。ピン右横50cm  2  決定   上手くいけばです

@ショートドッグレッグ(直線は10もないかなあ・・)
ここは、芝がよく走り皆さん突き抜けOB多し。「ああ~っ とまれ!とまれ!」。。。ここでよく聞くセリフです バックスピンパット(ふふふ 最近覚えた) 距離が短いのでフォームは少し低めに構えパットの感じです。
で、球は左脚の少し先、クラブは短く引き地面と平行に真直ぐ球の下を軽く抜きます。ちょっと見た感じ強く打ち過ぎ感がありそうですが、球にはバックスピンがかかっておりブレーキが途中でかかります。これは、今いろいろ研究中です 

@(ストレートのミドルで左傾斜がかかっており真ん中から左に転がすとどんどん左ラフにはいるH)
スライス球。脚はスクエアです。ただスイングは気持ちアウトから入ります。そしてインへ・・・スライス回転が左に行くのを我慢してくれます。ここは、偶に使います。僕の場合、まだ正確なコントロールがつかないので。あとは、右のラフ先端をコントロールショットで狙い打ちです。

まだありますねえ。。。

次にしよっと

間違ってたら読んだ方、是非ご意見お願い致します。ヒロッペ&ミユウは勉強いたしますね



この記事へのコメント

ブルーレイ
2012年10月28日 20:15
ウフフッ! 自分もホールごとにフォームを変えて距離などをコントロールしているので、とても面白く拝見しました。 確かに、ライナーの強弱のみで、全てをコントロールしている上級者の方々が沢山居るのは承知ですが、自分の拘りとして、前述したポリシーを持っております。(だから上位にランクされないのですが・・) お互い、これからも頑張りましょうねっ!(笑)
ヒロッペ
2012年10月31日 08:52
ブルーレイさん こんにちは!

レイさんもHごとにフォーム違うのですね(^^)
富士PG(ホーム)は、とてもナチュラルで個性的なコースですので、ついつい自然にって感じです。
レイはポリシーをお持ちなのでスゴイと思います。
ヒロッペも練習は少しづつですが
かかしておりません。また、躓いたら助言お願い致します(^^)/
頑張りますね!コメ有難うございました。
ヒロッペ
2012年10月31日 08:57
レイさんの(さん)が一カ所抜けて登録してしまいました。たいへん申し訳ありませんでした。
。。。一度登録すると訂正がきかない(汗)

この記事へのトラックバック