う~ん。。。どうしよう

と、思ったのですが5月の終わりくらいにスタンスを変更しました

ある時点からロブショットを意識してか、通常のショットでもオープンスタンスで打ってました。

ただ、よ~く考えて元のスクエアスタンスに変更したのです。な~んでか

僕が不器用だから(笑)・・・笑ってもいられない

前回述べたように微妙にティグランドの角度がずれているとき、上手くショットが打てないのです

で、そこで目の近くにあって目で測れるものを多くしたいというこで変更。

それは、ティグランドの辺と僕のスクエアの足の線でした。。。。。なんと単純(笑)

ルーティンで狙いたいところにクラブのシャフトを合わせそのまま降ろし

その線に平行にスタンスをつくります。ティグランドの角度がずれていれば当然

辺とスタンスの線が平行にならず立ってるはずです。ただ今でもその時足元を見ると不安になる時があります。

そう思うとたぶん手が自動調整してしまう(笑)のでしょう・・・・だから信じて打ちます

なんてやっているうちに、なんと110を切ってしまいました

ただ、その時期は芝が全刈りの状態、ラフのない状態でした。。。

ラフが伸びてきて、またひと悩み

あ~、やることいっぱいあるんだねえ・・・・・・

丁度6月に入る頃でした。

つぎに、しょっと(笑)   あはは ダジャレのつもり

そういえば今日のJAL杯誰が優勝したのかなあ。。。気になる 気になる 気になる

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック