スタイル変更

病み上がりでも、好きなものはやめられません

しばらくぶりにホームの富士PGへ・・・はっきり言って開成PGよりもワイルドなので

遠いピンを見て「虫」が湧かないか心配ではありました。あははっ(汗)

病み上がりの成績は129・・・こんなものです。でも、自分にしてはこの状態で満足でした。

次の週は、富士PGの社長さんにベテラン腕利きの〇田さんを紹介してもらいミユウと

三人でラウンド、またご指導いただきました。基本でした

でも、その時の僕にどれだけ勉強になったか

そうなんです!ハードヒットなんていらないのです!なるほど・・・・

バックスイングをゆっくりして「クラブの重みを感じながらボールをしっかり見て打つ」

芯を食ったボールは予想より遥かに飛距離がでました。なるほど

変に力をこめるとインパクト時に腕が縮んでしまい、真っ芯を外してしまうんだ・・・

ちょうど病み上がりでハードヒットができない時にジャストミートの教え

それからは、早いスイングをやめて「ゆっくリズム」のスイングに・・・

そして、ボールに対しては「芯を食う」ことだけ考えました。

寝室のカーペットの上で素振りをする時、少し長い毛足をシュッとダフるスイングの練習

もち、無理はしません。病み上がりだし。。。あははっ

そして、だいぶ良くなった4月半ば腕試しでミユウとまた千葉タケエイ大木戸としすいの森を訪ねました。

「今回は、フルスイングなしハードヒットなしでいこう!!」をスローガンに

結果、タケエイが114(前回131)しすいが110(前回114)とスコアが伸びたのです

僕は、何となく「自分流」を意識するようになりました。

ほんで、喜んで遠征から戻ってきました。でも、富士は難しくなかなか120を切れません

でもですよ!!

またにしますね

この記事へのコメント

Taka
2012年08月19日 22:06
色々なことを学んで、自分流を極めて下さいね!
人は悩んで 成長するものです。
なーんて、努力に勝る物はない!(^o^)v
しんべい
2012年08月21日 01:38
ロングで刻んでも3、飛ばしても3。
どっちの3が確実なのかということですね。

角山で一度ご一緒した女性なんですが、体も細い方で、フルショットでも60mもとばないんですね。ところが、パットが素晴らしい!10mのパットならほぼ80%は入れてくるんです。7,8メートルなら成功率は100%に近いと思います。あとから聞いた話なんですが、その方は角山の月例会でも何回か優勝しており、角山では「パットの女王」と呼ばれるすごい方でした。

飛ばすより確実性が大事といういい例ですね。
でも飛ばしたくなるんです(^^;
ヒロッペ
2012年08月22日 13:17
takaさん
いつも「お見守り」ありがとうございます!
もし、僕は以前よりうまくなっているとすると
きっと、コースの練習より寝室の練習のお蔭と
思ってます。パークで悩んだり努力?することは
今の僕には、楽しみとしかいいようがありません。
あはははっ

しんべいさん
いつも、貴重なご意見ありがとうございます!
実際のお話はやはり説得力100%ですね!
「虫」はまだ僕も沸いてくる^^;のですが
なるべく「ゆっくリズム」崩さず頑張りますね!
「虫退治」の方法ありましたら、また教えてください。^^;

この記事へのトラックバック